自毛植毛 大阪

自毛植毛の歴史

 

 

自分自身の髪の毛を使って植毛する自毛植毛は、1800年代にすでに行われ始めていました。

 

この頃から、皮膚移植を伴った自毛植毛の技術は少しずつですが研究され報告されていたのです。

 

日本では戦前、1930年の笹川医師を皮切りに続々と自毛脱毛に関する研究がなされていました。

 

ところが、戦争が起きたことなどによって、この研究成果が広く知られることは残念ながらありませんでした。

 

70年代になると、ノーマン・オレントライヒというアメリカの医師による男性型脱毛症の手術治療法が確立してきます。

 

これは1939年に研究されたデータをもとに研究が進められて実現したものであり、日本の医師、奥田氏の努力がここで報われた結果となりました。

 

ただ、70年代の自毛植毛は、30本程度をまとめて移植する方法を採っていたため、不自然さが目立つものでした。

 

現在のように自然な仕上がりを期待できる1本単位の植毛が可能になったのは、1990年代に入ってからのことです。

 

そして、世界的に自毛植毛が医療技術として認識されたのは1993年の国際毛髪外科学会でのことです。

 

自毛植毛はこのように進歩してきました。