自毛植毛 大阪

植毛手術の種類

 

 

髪の毛の植毛手術には多彩な種類が存在します。

 

人工毛植毛は合成繊維や塩化ビニール、ナイロンといったものでできた人工毛を頭皮に植えつけます。

 

価格は安めですが、頭皮への害がどうしても強く心配される方法です。

 

FUE法はメスを使わない植毛手術です、パンチのような特殊な機械を使うことで後頭部から毛根をくり抜いて植毛を行います。

 

自動植毛機はコンピュータ制御での植毛手術です。

 

人の手による作業ではないためスピードや確実性が高く、技術はコンピュータへのプログラミングによるところで一定しています。

 

FUT法は現在の植毛手術でベースとなっている植毛方法です。

 

定着率は発毛率が高いとされています。

 

マイクロ・グラフト植毛は1本から3本単位で行う植毛手術です。

 

ミニ・グラフト植毛手術はこれよりも少し本数が多い4〜6本単位の植毛手術です。

 

1960年代に主流だったのはパンチ・グラフト植毛であり、これは20〜30本単位の植毛手術でした。

 

単一植毛、いわゆるニードル法による植毛手術もあります。その他、スリット法といって、メスで切り目を入れた箇所にピンセットで植毛する植毛手術も存在します。